感動した!実際にあった見習いたい接客・接遇を一挙公開

生き残る飲食店はココが違う!他店と差のある接客ポイントとは?

アナタは接客と接遇の違いがわかりますか?

つまらなさそうな顔で接客されるよりも、お客さんが入ってきた瞬間笑顔になる方が気持ち良いのは当然です。接客の第一歩、基本とも言われる「笑顔」にスポットを当てて紹介しています。 ちなみに笑顔であれば何でも良い訳ではなく、笑顔の種類や理由があります。

やはり笑顔が一番!笑顔と接客の関係

日本には数多くの飲食店があり、その多くがトレンドや諸事情によって目まぐるしく入れ替わっています。
商売の中でもかなりハードルが高いと言われる飲食店ですが、長く生き残っている店舗があるのも事実です。長く生き残れる店舗、そうでない店舗は一体何が違うのでしょうか?
確かに提供している食べ物のグレードやトレンドもあります。しかしそれよりもお客さんに対する接客、または接遇で左右されると考えられます。例えば同じ味・金額のお店が2店舗あり接客の良いところ、特に何も感じ無いところだと前者を選択する方がほとんどです。
今回は「接客」にポイントを置いて分析しています。ちなみにアナタは接客・接遇の違いはわかりますか?接客は日常でもよく使う言葉ですが、接遇は人によって聞きなれないかも知れません。
接客はお客さんの希望する事に応えて、サービスを提供する事を指します。お客さんがお店に来たら注文を聞き、料理を提供する事が接客です。
それに比べて接遇はお客さんが口に出してはいないが欲している事を叶える事です。複数のお客さんがいる場合は人数分の取り皿を用意したり、お子さんがいる場合は専用の椅子は必要か確認したりする事です。
一般的に接客は最低限のルールで、接遇はプラスに繋がりお客さんの印象にも残りやすいです。ほんの一言、ちょっとした差ですがお客さんの印象に残ればリピートに繋がり、結果的に生き残る飲食店としてそのエリアで長く営業が出来ます。

確認のポイントは

どんなに笑顔で接しても注文の聞き取りミスや、こちらの言いたい事が全く伝わっていないのは良い接客と言えません。 生き残っている飲食店では、基本的な接客にプラスして「確認」と言う事に重きを置いて対応しています。この確認と言うのは何を指すのでしょうか。

気遣いがあればリピーター率アップ

オシャレでおいしい飲食店は「また行きたい!」と思える要素ですが、その中に「気遣い」があると更にリピート率がアップします。 飲食店で出来る気遣いについて掘り下げて説明しています。日本人が持つ「おもてなしの心」とは何かを考えながら接客してみましょう。

TOPへ