感動した!実際にあった見習いたい接客・接遇を一挙公開

アナタは接客と接遇の違いがわかりますか?

笑顔がもたらす効果について

飲食店に限らずいつもニコニコと笑顔の人は人当たりがよさそう、優しそうと言ったプラスのイメージがあります。
笑顔の効果と言うのは絶大で、その顔を見た相手は「元気になる」「好感が持てる」「明るく雰囲気が良い」と自然に感じます。これだけの効果があると知ってやらないのは損ですし、飲食店の接客をするなら最低限のマナーです。
時折、料理は凄くおいしくて雰囲気も良いのに、店員がぶっきらぼうな対応しかしない飲食店がありますが、結果的にマイナスイメージがついてしまいます。
生き残る飲食店を目指すのであれば、笑顔の効果を知った上で最低限のルール・マナーとして行って下さい。従業員同士の雰囲気も良くなるので、働きやすくなる効果も期待出来ます。

善意が伝わりやすい

笑顔でいる事は相手の警戒心を解き、リラックスさせてくる効果があります。お客さんに笑顔で接していると、万が一ミスやトラブルがあった場合にも善意が伝わりやすくなります。
適切な処置をするのは当然ですが、トラブルに対して無表情で対応されると良い気分ではありません。謝罪の時にも笑顔でいる必要はありませんが、接客時に笑顔でいるとトラブルになりにくい事がわかっています。
但し働く従業員によっては毎日ずっと笑顔で入るのは厳しい、または笑顔が不自然になってしまうという方もいます。そんな時はオーナー自らが笑顔で対応し、飲食店の雰囲気を盛り上げて行く事が大切です。みんなが笑顔になれば、笑いたくなくても自然と表情が柔らかくなります。


この
記事を
シェア

TOPへ