気遣いがあればリピーター率アップ

人と接しているという事を忘れない

長年飲食店で働いていたり、忙しい時期になったりすると接客が疎かになってしまう事もあります。これではお客さんの満足度が下がり、この先生き残れるかが心配になります。
仕事に慣れるとマンネリしてしまい「仕事をしている」だけであって「人と接している」という事を忘れてしまうケースもあります。接客では無く接遇にランクアップするには、常に人と接している事を忘れず「どうしたら気持ち良くサービスを受けてもらえるのか。」と考えなければなりません。
例えばお子さんのいるお客さんにはお子さん用の取り皿が必要かを確認したり、何度も来てくれている常連さんには「いつもお越し頂きありがとうございます。」と言った声掛けをしたりすると効果的です。

気配り・心配りを徹底する

単に「お客さんに気遣う様に。」と言われても、何から始めて良いのか分からないケースもあります。
まず何から始めれば良いのか?という事ですが、自分がお客さんの立場に立った時にプラスでやってくれたら嬉しい事を考えましょう。
何も大それた事でなくても構いませんし、ちょっとした声掛けや気遣いの言葉で良いです。接客から接遇になる為に、気配り・心配りを徹底して下さい。始めはお客さんに響かないかも知れませんが、良いと思った事を貫きコツコツと地道にやっていけば経験値が貯まります。その経験値は何もしていないお店と比べると天と地の差になりますし、そのノウハウから更に新しい接遇が生まれ、厳しい飲食業界で生き残る事が出来ます。


この
記事を
シェア

TOPへ